読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ku-sukeのブログ

Just another hatena blog

11月の雑記ノート

 いまひとつはてなブログにもア◯ブロにも移行する気が起きないので、ダイアリーで転職して3週間目の日記を書きます。お酒も入ってます。

そもそもなんで転職したか。

 さいきん、転職にかこつけて前職でお世話になった人や同じく最近転職した人とランチに行ったりするのですが、よく話題になるのはなんで転職したのかという話。

 大体の当たり障りない話は前回の転職エントリについて書いたのですが、もうすこし人とはなして思いかえした深いところを2つばかり書こうかと思いました。ちなみにGREEDeNAとサイバーを受けて、サイバーに転職したわけです。転職エージェントから紹介されるのはその3社が多いみたいで。

AppStoreのパワーゲーム化

 今年に入って、iOSの(特に無料アプリで)ランキングの企業占有率が高まっているような認識があります。有料アプリはそうでもないのですが、無料アプリはWebサイト等と同じ1メディアの媒体と考えている企業や、会員獲得のために投資している企業が、1万とかそれ以上のDL分を数百万の広告費かけて獲得しています。

なかなか、開発費500万、宣伝費0円みたいな小さなプロジェクトでは、だめだとはいわないまでもよっぽど工夫したり洗練されていないと人目につかず消えてしまう可能性が以前より高くなっています。

なので、ある程度リソースを動かせるところでスマホ市場を眺めたいな。と思ったのです。そういう意味では、前職のMEGUもGREE資本になって、いろいろリソース投入はしやすくなるんじゃないでしょうかね。

※個人でアプリ出すなら有料アプリで、企業がやったらペイしないor体裁やしがらみがあって手を出せない領域がいいと思います。

Start-up考

 スタートアップ、盛んですよね。ノボットもマーズもコニットも買収されたし、水野さんも矢吹さんも起業するし、花ざかりな感じがしました。ぼくも、退職を伝えると半分くらいの人に「独立ですか?」と聞かれるくらい、僕も起業を意識していたんですが、自分が怠惰すぎてやめました。

そもそも、「何がしたいから」起業するのかという点を考えても何も思いつかないんですよね。

  • 自由な時間に仕事したい→毎月出勤簿の提出を遅れる人間が自己管理できるわけない。
  • 世界を変えたい→特に変えたいとかはないかな。今のところ。
  • エキサイトな環境に身を置きたい→まーそうなんだけど、そこそこの時間で家に帰って子供を風呂に入れたい。
  • Exitしてたんまり儲けたい→でもハイリスクですしねー。
  • 自分のやりたい仕事ができる→いつも出来るとは限らないよね。

仕事もらうために人付き合いするのもめんどくさいし、居酒屋に行くたびレシートもらって保管するのもめんどくさいし、確定申告とか絶対嫌だ。資金調達の法的手続きなんかやりたくない。というクズ人間だから選択肢から外しました。

それサイバーで(ry

転職活動の最終段階ごろから、Startupでできることは、概ねCAでもできるんじゃないかと思ったんですね。GREEでもDeNAでもできそうだったけど、一番しっくりきたからCAに来ました。

  • 資金調達:企画会議で稟議が降りれば当面のリソース(開発費・広告費・資材・人材)は使わせてもらえる。契約書、保証人不要。
  • 自分のやりたい仕事:企画上司に出して通ればできる。通らなかったらできないけど、小さな会社が自社サービスやりながら受託で日銭を稼ぐのと一緒かなと。
  • 税務財務:会社に丸投げ
  • 人事評価:会社に丸投げ
  • 成功した時の報酬:桁が何個か少ない。ローリスクローリターン。
  • 自由な時間:これは余りないけど、成果出している限りは少々大目に見てくれそうな雰囲気
  • 世界との仕事:これを基準にGREE(OpenFeint)DeNA(ngmoco)サイバー(CAAmerica)受けようと思ったのもあるけど、すでに海外法人があるので、機会が多いはず。現地に行く際もビザの手配とかも会社に任せられるし。
  • ワクワク感:気の持ちようだと思います。転職して3週間ですが、学ぶところも山のようにあるし、自分が貢献できそうなところも山のようにあります。
  • 優秀な人と一緒に仕事:これもわかりません。Founderの情熱に寄せられて面白い人がjoinすることもあれば、それなりに採用コストをかけている会社に優秀な人が集まるとも言えます。

まとめ

あまり誰かの参考にあるエントリーではありませんでしたが、スマホで今後も頑張るにはお金掛かりそうな予感がしたので、一家庭の幸せと働き方のわがままを最大公約数で手にれるには、サイバーはいいと思いました。もちろん、それを手に入れるため組織に貢献して成果を上げる前提で。

※サイバーさんは絶賛募集中なので、みんなくるといいですよ。メールくれたら紹介くらいはやりますよ。