読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ku-sukeのブログ

Just another hatena blog

140文字でわかるインスタグラム入門 ( Instagram ) の本が出ています

140文字でわかるインスタグラム入門 〜Instagram & iPhone Camera Apps Guide Book〜140文字でわかるインスタグラム入門 〜Instagram & iPhone Camera Apps Guide Book〜
黒田智之 丸山弘詩

毎日コミュニケーションズ 2011-02-15
売り上げランキング : 132411

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ちょうど自分も最近子供の写真とるのにInstagram入門してたんですが、「今度こんな本でるんで」と献本頂いたので早速読んでみました。書評なんて書いたことないですが、自分好みの本でした。

あらすじ

Twitterの次はこれだ!
写真でつぶやく! 話題のInstagramが1番わかる本

Instagram(インスタグラム)は、自分で撮った写真を手軽にインターネット上で共有できるiPhoneアプリです。「写真版Twitter」とも言われるほどTwitterとの親和性もよく、昨年秋のリリース以来、世界中で爆発的な広がりを見せています。
(略)
本書は、Instagramを取り上げた最初の書籍となり、最新バージョン1.1に対応した内容となっています。前半はInstagramの基本操作や機能について、各項目ごとに約140文字のテキストで簡潔にやさしく解説。後半は15種類あるフィルタの詳細にはじまり、素敵な写真を作るための写真・カメラアプリを紹介します。

ということで、タイトルこそインスタグラムとありますが、後半はiPhoneのカメラアプリの紹介もある、iPhoneカメラを楽しもう!という本でした。

一言で言うとどんな本?

 個人的には自分にピッタリでした。別にカメラとか詳しくない、ケータイのカメラとかで普段は満足なんだけど、なんかiPhoneでかわいい写真とれるやん?あれ興味あるのよ!という人向けの本です。もちろんTwitterはバンバンやってます。

おもしろいのが、1ページ1TIPSになってて、本のタイトル通りすべてが140文字以内で解説されてるのです。電車の中でぱらぱらと読んだり、目次から「あれどこだっけな」と取説代わりにも使えそうです。

 アプリ自身とおんなじで、「気軽」に読めるのが良いです。たくさんカメラアプリってでてるけど、何となくカメラ好きの人達の為のアプリな気がしてどっぷり使わなかった自分がInstagramを使い続けているのも、「カメラ」のアプリでは無く「日常を切り取る」気軽なアプリだからかな〜と本書を見て思いました。

というわけで、本書をInstagramで撮影してみました。


f:id:ku-suke:20110215030200j:image

こんなかんじで、四角いので&面白いフィルタがいろいろあるので、縦とか横とかきにしなくても「それっぽい」写真が撮れちゃうんです。本書の中では、フィルタの種類が開設されていて、食事に向いてない〜など読んでて面白かったです。

シェアする

最初は撮るだけで楽しかったんですが、Twitterのフォローリストを一気に登録すると、いろんな人の生活が切り取られてきて、起動するのが楽しくなります。クリスマスなどイベントの日のフィードは「この世にこんなにリア充がいるなんて!」と感嘆の声を漏らさんばかりです。

まとめ

といった、iPhoneならではの日常を切り抜いてあそぶツールだと僕は思ってるんですが、本書を読むと、その楽しさが広がる仕掛けがたくさん乗っていますので、Instagram流行ってるのをTLでみた、でも使ったことないとか、インストールしたけど放置している方は、本書片手に始めてみてはいかがでしょうか。

あと企業マーケ担当者は、米国でInstagramのハッシュタグを使った無料のブランディングが流行ってるらしいので、調べといたほうがいいとおもいますよ!


ちなみにぼくは @ku_suke で登録しています。基本息子と公園で遊んでいる風景を垂れ流すことが多いです。よろしければフォローをば。